2016.06.26

こんなところにもシルクスクリーン?

着物好きな方は聞いたことがあると思います「秩父銘仙」。
以前から気になっていた資料館を見てきまして、衝撃の事実を発見!

いわゆる銘仙という着物は、化学染料で染めた絣柄の普段着着物・・・なんですが、例えば伊勢崎銘仙は横糸を染めた横絣が多いのですが、秩父銘仙は縦糸を染めた縦絣。この場合、横糸は無地の糸になります。

そして一番ビックリだったのが染め方。
昔は型を彫って、そこに糸を張って補強した型紙を使っていたそうですが、現在は・・・

Rimg4581

これ、どこからどう見てもシルクスクリーン印刷の版(^^;
ちなみにアルミ枠は着物の反物幅で、長さは一つながりの模様・・・なんだとか。

染めるとき織巾を維持するために、こんな風に仮織りをします。

Rimg4583

横にうっすら入ってるのが仮織りの横糸。

これをこのまま染めて、横糸を通しながら仮糸を抜いていくんだそうです。

現在売っているのは復刻銘仙で、織元さんの出張店舗で見せてもらいましたが、どれも素敵な反物でした(^^

布とか糸って、本当に楽しい(個人的感想)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.21

作品と原図

片付け続行中~。
ほぼ終了してるんですが、こういうものも全部ファイリングしてるのでなかなか時間がかかってます。

Rimg4597

イベントで羊やアクセサリーをお買い上げいた方には見覚えのある、ボウシェイバーオリジナルの袋。
今まで作品サンプルなんて分けてなかったんですが、ひょんなところからまとめて原図が出てきたので、一緒にファイリングしてるところです。

ちなみに原図がこちら。

Rimg4595

見ての通り手描きです。

「えーっ!」って思う人もいるかもしれませんが、これが一番早い!
思い立ったら下書きから版下作りまでその日のうちに行うので、慣れたこの手法が一番よいんですわ。

ただし、ペンには結構こだわりがあって、㎜単位から太いサインペンまで揃ってます。太いマーカーはあるんだけど、完全に水性で滲まない太いペンは種類が少ないんですよ。

ときにはわざとクレヨンで書いたりすることもあり。
テクスチャーがダイレクトに印刷されるので、でもどうなるか刷ってみないとわからないところがまた面白いのかもしれません。

それも含めて、過去作品は貴重なサンプルですな(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.17

枝豆&ビール、委託です

記事にも書いた枝豆&ビールの帯留を週末のイベントで販売します。

コラボパートナーのコヤナギアイコさんが参加するイベント「きものバスケットvol.4」に並ぶそうです。

詳しくはコヤナギさんのブログをご覧ください→ 

リニューアルして初の関東お目見えなので、反響が気になるところですsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

編物カウンター

まだ、作業部屋の片づけしてます。
まぁ、できない日もあったりなので、それなりに(ということにしておこう)

編物道具をまとめていたらカウンターが一つ、壊れていることを発見。

Rimg4591

右のカウンター、数字がどうしても進んでくれない・・・
随分長く使ったから、仕方ないか。

具体的な古さは割愛しますが、買ったのは高校生のころ。
高校生には高い買い物だったのを覚えてます。でもずーっと欲しかったんですよね。なぜか(^^;

ここ10年は作品展もあったりで複数を同時に編むことが多くなり、買い足したのが左のカウンター。こちらはまだまだ使いますよ!

ということで、そろそろ片付けに飽きてきたので編みたいなぁと思う昨日今日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.13

枝豆&ビール、固まりました

やっとこさ、体力が戻ってきたので作業再開です。

ということで、セッティングした状態の枝豆&ビール。

Rimg4562

右のレジン用注入器、今回初めて導入しました。
まぁ見ての通りシリコン型が意外に深いのと、モチーフが細かいので。
結果・・・慣れるまでもちょっとかかりそうsweat01

マスキングテープは実用マストアイテムです。
場合によってはコーキングなんかに使う、耐水性のマスキングテープを使用。

その後型から出してバリをヤスリがけしたら、こんな風に金具をつけます。

Rimg4580

金具もレジンで接着してるので、まずまず取れることはありません。

最後に塗装して、ボウシェイバーの作業は完了!
枝豆の仕上げとパッケージはコヤナギさんにお任せ!

他のコラボ作品はどうかわかりませんが、BowShaver&C:Robotのコラボは打ち合わせも含めて、こんな風にキャッチボール的に行ってます。

てーことで、コヤナギさんよろしくです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.08

作業場、片づけ中

えー、久しぶりにダウンしました。
1日目、発熱。2日目、低体温。
みごとなジェットコースター的変動です(^^;

とりあえず動けるようになったので、帯留め作業を再開しました。
そちらのレポートはまた後日。

そして倒れる前に着手した、作業場の片付けも再開。
Rimg4561

一時的に置いてるだけですよ(^^;普段からこんなじゃないので~

今回の片付けは素材のカテゴリー分けが主な目的。
特にレジンは道具を隙間に詰めてたので、あちこち分散して非効率。
なのでお仲間同士まとめましょ・・・という主旨。

作業場と呼んでますが、パソコン部屋、書庫も兼ねてる&収納が一切ない部屋なので雑多なのは元々。せめて機能的にしたいところ。

と書いてて気がついたけど、紡毛機2台、ドラムカーダー1台、リジット3台他の道具が詰まってれば、そりゃ雑多にもなりますね(^^;

ちなみにアフターはこんな感じ。

Rimg4565

布が溢れてたので、まとめてみたら案外多かった・・・の図sweat01

ということで、まだまだマイナーチェンジは続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.02

今週はビール作り

今週はレジン作業。

樹脂を固める間は埃NGなので羊毛作業は一旦、お休み。
ということで、毎年恒例と化しているビール作り~

Rimg4553

基本、2液レジンを使ってるので、作るときはまとめて作ります。
で、必要な分だけ泡をモリモリ固めます。

Rimg4555

こちらはUVレジン。
紫外線ランプ・・・初めて撮影したかも(^^;

完成パーツがこちら。
Rimg4557

コヤナギさんのご機嫌notesな枝豆と一緒に、これから帯留にしていきます。
まだまだ作業は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.26

来年に向けて

なかなか会えなかった染色作家のwaccaさんとギャラリー世田谷233で待ち合わせ。
いろいろ用事が溜まっていたのと、来年のキモノコモノ連の展示のご相談。

「えっ!もう?」

と思うかもしれませんが、スペースの予約の都合もあるので。
キモ連は立ち上げて8年くらいですかね。
一緒にやってる作家さんは皆さん当初からのメンバーなので、気心も知れていろんな話ができるのが心強い。

waccaさんの差し入れをつまみつつ・・・

Rimg4535

長崎県に縁のある人はご存知の、チョーコー醤油味!
刺身醤油なんだけど、甘いんですねぇ(^^;

キモ連らしく、着物を羽織ってみたり。
作品作りのこととか話したりしましたが、それはこれから先の形に反映されることを期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.23

デザインの歴史がよくわかる

行きたかった展示、「旅するルイ・ヴィトン」展に行ってきた。

Rimg4518

もちろんヴィトンなんか持っちゃいませんが、老舗の歴史はものすごく惹かれます。
そして思ったとおり、ヒストリカルな部分が物凄く楽しかった!

特にファッションと一緒に、その時代の需要背景を視覚化した展示は「楽しい!」の一言。1930年代のデザインが好きなので、たっぷり並んだ展示はそれだけで大満足。

Rimg4522

これなんて、それこそクリスティの小説を彷彿とさせるスタイル。
それにヴィンテージ感が相まって、たまらなく素敵です。

よいデザインは、いつまで見ていても飽きません(^^
予想通りの素晴らしい展示でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

233でおすそわけ会でした

オリジナル和装小物を提案する企画展グループ、「キモノコモノ連」。
通称キモ連で、「着物おすそわけ会」を開催しました。

詳細はキモ連ブログをご覧ください。
キモ連メンバーのコヤナギさんがレポートをアップしてくれています。

こちらのイベントに関しては、着付け係をすることが多いので写真撮る暇がないんですよsweat01
でもそうやって試しに着てみて「もっと着たい!」と思う人が増えればいいなぁと、がんばってます。

キモ連ブログ→ 
コヤナギさんブログ→ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.19

完全ニュートラルでした

連休明けて、一週間ほど完全にニュートラル状態でした(^^;

こんなに作る作業しなかったのはいつ以来だろう?と思うほど。もちろん片付けとか足らないものを発注したり作業はやってたんですが・・・いやー、脳みそ緩みますね。

で、糸の在庫チェックしていて良い色の単糸を発見。ちょうど良い白もあったので、なんとなーく編み始めました。
自動的にシフトチェンジした感じ。

Rimg4528

ちょっと暗いけれど、白がロムニーでモーリットがコリデール。
どちらも張りがあってふくらみが出るので、毛布みたいなショールになりそうな予感。

そして本日は縒り止めの作業も。

Rimg4526

基本的にお湯に浸けてるだけなんですけどね(^^;
アートフリマで実演していた糸の仕上げです。こちらは自家用に使う予定。

そんな感じで、ゆるっと秋冬に向けての作業開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.17

梅酒の会2016&おすそわけ会

今週末に、世田谷233でキモ連企画の飲み会やります!

いつもですとキモノコモノ連で一緒に活動してるコヤナギアイコさんと「そろそろ飲みたいよねー」と言いつつ決めちゃう企画なんですが、今回は別企画が先に浮上して決まりました。

それが「おすそわけ会」。
縁あって233に届いた着物を、使ってくださるかたにおすそわけ・・・だけじゃ寂しいからついでに梅酒も楽しみましょう!という企画です(^^;まぁ・・・飲みたいって部分は変わんないんですが・・・

詳しくはキモ連ブログをご覧ください。
基本、気軽な飲み会ですので、着物に興味ある方もボウシェイバーに興味ある方も、お立ち寄りください。

「梅酒の会2016&おすそわけ会」

日時:2016年5月21日(土)15:00~ 梅酒会は、おすそ分け終了後、だらっと突入
場所:ギャラリー世田谷233
※予約不要・参加費無料

縁あって、着物がたくさん届きましたので、活用してくださる方におすそ分けいたします。
基本的に無料ですが、持ち帰るためのエコバッグや風呂敷はご自身でご用意ください。
「まったく初心者でわからないわ~」という方はキモ連メンバーに気軽にお尋ねください。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.12

連休中のこと

イベントに出たり、資材を買出しに行ったりの合間に、こんなところにも。

Rimg4463

新江ノ島水族館~
以前から行きたかったんですよ(それとシラスが食べたかった(^^;)

思ったとおり、美しかったクラゲ。

Rimg4464

うーん、でもこれはフェルトで作るもんじゃないよなー。
と、トンボ玉作家さんに言ったら「できるでしょ。」
もちろん形はできますけどね。
素材が羊毛だったら絶対「火星人」になると思う!

地味ですが、こちらも心惹かれました。

Rimg4465

しんかい2000。
実機ですよ!実機!
こういう非日常的な物って、なんだか尊敬します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.11

イベント後の作業

昨日くらいから、ようやく脱力しているところです。
イベント直後は片付けとか片付けとか片づけで・・・(^^;

本当の意味での「片付け」とはちょっと違うんですが・・・

Rimg4503

イベント中にデモンストレーションで紡いだ糸のまとめ・・・をしてました。

上の2つはクラフトマーケットのスピンドルで紡いだ物。
現場で簡単な枷にしかできなかったので、改めてボビンにまとめたました。これ、かなり良い感じなので、残りもスピンドルで紡いで作品展用の編み糸にしようかなと思案中。

この他に、アートフリマで紡いだ糸も縒り止めしたり玉巻きしたり。

ちなみに写真下のボビンは少しずつ残った糸を集めてナバホ縒りにしてあります。
ニット・・・というより工作向けなのでどうしようか考え中。

とりあえず、休憩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.10

クラフトマーケットの羊たち

改めて、クラフトマーケット前日に仕上げた羊がこちら!

Rimg44832

左はひつじまるごと研究所、ことひま研さん のサフォーク。そして右はカカラウールワークスさんで購入したニュージーランドハーフブレッド。どちらも初日に新しいオーナーさんのもとへ旅立ちました。

楽しんでもらえるといいなぁ(^^

特にハーフブレッドは紡ごうと思って取っておいたものなので、毛質がすんごく良いんですわ。スピナー的にはもったいなかったんですが、羊好きとしては形にしたかったんですね。

そして定番の原毛羊も、今回はひま研さんのバッツを使用。

Rimg4499

お隣のブースにも招き羊。

さとういくこさん、ありがとうございました。
なんだか勝手にたくさん話しかけてしまいましたが、素敵なアクセサリーを作る作家さん。自分がピアスだったら使いたかったなぁ・・・と思うものがたくさんありました。

なにせネタアクセサリーが多い身の上なので、彫金は憧れます。

さてさて、秋に向けてなにを作りましょうか(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«クラフトマーケット2016、こんな感じでした