2023.05.25

初!ウサギの帯留

少し前に「ウサギ」のお題をいただきました。
コヤナギアイコさんと色々なコラボを作ってきましたが、ウサギは初!でございます。

ということで、コヤナギさんと打ち合わせすること数回。
ウサギの写真を検索してガン見すること数知れず(^^;

そうして出来上がったのがこちら!

Usaobi2

ちなみに、発注主のA木さんからいただいたイメージが、こちら。

Kimg1883-2

これをもとにコヤナギさんがウサギの土台を作り、ボウシェイバー新井がモフモフを加工。
モフモフは羊のブローチと同じ ななの羊毛屋さんのムートンを使用してます。

Usaobi3

チャームポイントはしっぽ。
そして写真ではわかりませんが、口元もかなりかわいいです。

機会がなければ、きっと作らなかっただろうモチーフだと、思います。
オーダーいただいた きものさろん服部のA木さん、ありがとうございました!

| | コメント (0)

2023.05.20

納品とか箱とか

予報にたがわぬ花粉シーズンが終わり、やっとひと心地ついてるボウシェイバーです。

少し前に、レザー担当の新作を納品しました。
Kimg1891

ピンクカラーの迷彩パスケース。
作家仲間のEmiさんのリクエストカラーで、気に入っていただけたので一安心。

色違いのものを世田谷233のボックスにも納品しております。
Kimg1968

パスケースとともに夏らしくオオサンショウウオも!
Kimg1979

存在感のあるブローチ、トートバッグにつけると良い感じです(^^

233にお越しの際には、覗いてみてください。

 

| | コメント (0)

2023.03.05

コラボ、復活!

昨年12月の作品展でお披露目した「羊ピン&牧草ピンクッション」と、モフモフなブローチ。
クレイ作家 コヤナギアイコさんとの、数年ぶりのコラボ作品でした。
Kimg1645

Dsc01690-3

本当に、やっと形にできたなぁ…としみじみ思う作品です。
やりたい気持ちはずっとあったんですが、親の介護が発生して身動きが取れなくなり。更に途中からコロナが並走!
「会って打ち合わせする」という当たり前だったことができなかったのは辛かった!

というわけで、やっと動き出した昨年。
ブローチに使う素材は初めまして、だったのでいろんなことを検証することから始めました。

Kimg1518

ちなみにこれは接着剤の検証。
ゼロから作るのは大変だけど、新しいことは楽しいですね。

今年も新しい形ができるといいなぁ、というのが今年の抱負でしょうか(今更ですが)

| | コメント (0)

2023.03.04

2022年 活動記録

2022年のボウシェイバー活動記録です。

・A木さま 亀Tシャツオーダー
・Mさま 日本酒羽織紐 オーダー
・AYさま 若鮎ペンケースオーダー
・99さま 若鮎ペンケースオーダー
・ASさま レザーカメラバッグオーダー

■5月~7月 スピンドルで羊毛紡ぎワークショップ センイチブックス
■8月~11月 毛糸まきまき羊チャームワークショップ センイチブックス&ドルトン学園祭
■6月~9月 レザー若鮎小物委託 あもや南春日 
■12月 作品展「前途羊羊」 ギャラリー世田谷233

| | コメント (0)

2023.01.29

カメラバッグ、納品

オーダーいただいたカメラバッグを納品しました。

Sun6

ご注文いただいたのはギャラリー仲間のAsunさん。
以前このブログにアップした自家用バッグを見て、同じテイストで、とのリクエストをいただきました。

Kimg1273
フィルムとカメラが入る大きさ、ということで、実測。
この打ち合わせをしたのが蝉の鳴く頃。
そして納品したのが、クリスマスソングの聞こえるころ。

お待たせいたしました。

Kimg1633-2
必要寸法上、ちょっとごつくなりましたが、気に入っていただけました。

たくさん使って、経年変化を楽しんでください&写真掲載許可いただき、ありがとうございました!

| | コメント (0)

2023.01.15

2023年 よろしくお願いいたします

今年もプリントゴッコ年賀状で、どうぞよろしくお願いいたします。

Img20230115_16075245

今回の年賀状は3版使用。

Kimg1708

インクはこちらを使用。

Kimg1712

インクは確実に分離しているので、まず一回キッチンペーパーの上に絞り出して水分を吸い取ります。
写真左のインクは分離が進んでいたので、使うのを断念。右の滑らかな方だけ、ヘラで練り直して使いました。

Kimg1709

使っているのは刷る専用ゴッコなので、こんな感じ。
はがきを乗せるパッド部分は、雑巾で水拭きメンテナンスすると接着力が復活します。

Kimg1710

という感じで、年末ぎりぎりに刷っていた昨年💦
今年もそんな調子かもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします(^^

| | コメント (0)

作品展、ありがとうございました!

2022年年末に開催した作品展「前途羊羊」無事に終了しました。
足を運んでいただいた皆様、会場のギャラリー世田谷233に改めて御礼申し上げます。

今回は、ショールと実用小物を中心に作品をセレクトしました。

Kimg1703

新作の羊コンビもお出迎え!
羊のカバンもレザー担当の新作です(^^

Kimg16682

レザー小物はブックカバーの他、キーケースも。

Dsc01675-2

そして!クレイ作家 コヤナギアイコさんとのコラボブローチも!
ここ数年、顔を合わせて打ち合わせができなかったので、本当に久しぶりの新作コラボでございます。
本物のムートンをまとったブローチ、モフモフっぷりが良い感じにできました!

Dsc01690-2

まだまだ世の中万全な状況ではない中、年単位でご無沙汰してた方々にお越しいただき、本当に楽しくも嬉しい時間を過ごすことができました。
また個人的にここ数年、親の介護に時間を取られて「できない」ことが多かったので、新しい形(作品)を作ることができて満足です。

ありがとうございました💓

 

 

| | コメント (0)

2022.12.17

2022作品展『前途羊羊』開催!

本日、2022年12月17日(土)~26日(月)ギャラリー世田谷233にて、2年ぶりの作品展、開催中でございます。

Kimg1664

今回は、ショールが多め。久しぶりに大きい作品制作できて、楽しかったです。
レザー担当の新作も!

Dsc01635-2

国産レザーを使ったブックカバー。質感が個性的。

ボウシェイバーは土日在廊予定です。最新情報はTwitterをご覧ください→ 

1668163588411

1668154820509

| | コメント (0)

2022.11.10

羊毛洗い2022 その3

夏の間に洗ったフリース紹介、最後は羊の原種でございます。

Dsc01409-2

Europian Mouflon(ヨーロピアンムフロン)

購入したのは2012年。250グラム程。
脂はほとんどなく、汚れも少ないのでモノゲンはほんのわずか。

それだけでピカピカ!
Dsc01412-2
Dsc01410-2
一番長いところで20センチくらいあるんでしょうか?
長いところはヤギっぽい、固い毛質。

あんまり紡ぐ用ではないな、ということで、とりあえず保管。

これにて、今年のフリース洗いは終了です。

| | コメント (0)

2022.10.01

2022年内の予定

夏の間、世田谷233と大阪の あもや南春日さんでお世話になっていた「若鮎シリーズ」。撤収いたしました。
たくさんの方に見ていただけたようで、感謝でございます💓

Kimg1440

さて、年内の予定ですが10月&11月は仙川にあるシェア型本屋 センイチブックスさんで、店番しつつ編物カフェをやります。

2022年10月7日(金)13時~16時(店舗営業は12時~)

2022年11月16日(水)13時~16時(店舗営業は12時~)

編物でもリリアン編みでも、わいわいやりたいなーという方。道具と素材を持って、ふらっとお越しください。
少しですが、素材と原毛羊の販売も行います。
予約、会費はございません。

Photo_20221001175901

そして!年末12月に2年ぶりの作品展を開催します!

BowShaver作品展 2022年12月17日(土)~26日(月) 
ギャラリー世田谷233 roomにて開催

詳細は、近くなったらお知らせします。

| | コメント (0)

2022.09.02

羊毛洗い2022 その2

前回に続き、記録的な記事になります。
2018年に購入した羊毛、2つ目はこちら。

2208_20220816215902
こちらも砂っぽい汚れで分かりにくいんですが、色はライトグレー。
羊はNorth Ronaldsay(ノースロナルドセイ) でございます。
ノースロナルドセイはスコットランドの北、オークニー諸島の島の名前でもあります。
とにかく厳しい環境で草地がないため、昆布のような海藻を食べて育つ、かなりレアな羊。

前回のBorerayに比べたら汚れ少なく、かなりコンディションよし。
油を残したかったのでモノゲンは3%。

洗い上がったのがこちら。

2208_20220816220201
うっすら茶色いのは背中の部分だろうなぁ…と思ってよく見たら❗

2208_20220816215901
んっ?もしかしてホゲット?
毛先に子羊の名残のくりくりが見える。
いや、洗ってやっと気づきました。

こちらも1キロ満たず、洗ったらまぁ、分量少ないですね。

以前紡いだノースロナルドセイはすでに洗ってあるバッツだったので、紡いでるうちにケンプ(太い毛)がぼろぼろ落ちてしまったんですね。
ケンプも糸に取り込もうとしたら、脂を残した方がいいんだろうなぁと思って洗ったけど、これなら大丈夫かな?

糸にしてから油を抜くのはできるけど、抜きすぎてしまった脂は戻せないので、なかなか難しいところです。

もひとつ洗ってあるのですが、それはまた後日紹介します。

| | コメント (0)

2022.08.25

日本酒の羽織紐

シェア型本屋さんのオーナー仲間から、羽織紐のオーダーをいただきました。
お題は「日本酒」‼

日本酒は過去、イヤリングしか作っていないので、全体バランスに悩みます。
相談しつつ配置が決まったら、パーツの制作作業に入ります。

01
ベースはワイン瓶の型を使用。
使っているNEOクリスタルレジン、きれいに仕上がるのは良いけど、しっかり硬度が出るまで時間がかかるのが難点。

03
バリ取り、ヤスリ掛けをして、パーツができたら着彩。
この辺から、すでに装身具を作る手順じゃない感が…(゚Д゚;)

05
仕上げにUVレジンでコーティングして。

1_20220824210801
パーツに穴をあけて、最後の仕上げ!
良い感じにまとまりました。ふぅ。

男性用なので、実際の雰囲気は違うかもしれませんが、着用するとこんな感じ。
3

日本酒飲みの先輩への贈り物とのこと。
気に入っていただけたら幸いです💓

オーダーいただいた瑞さん、ありがとうございました❗
ヽ(≧∀≦)ノ

| | コメント (0)

2022.08.16

羊毛洗い2022 その1

メモ的な記事になります。

今回洗ったのは2018年に購入した英国羊毛。当時のブログ記事はこちら→

ひとつめはこちら。
2208_20220816215903
Boreray  ライトグレーとあるんですが、この時点では「え?どこが?」な色(^^;
お湯につけても、かなりな泥っぷり。
モノゲンは5%。

2208_20220816220101
最終的にお目見えした色がこちら。
2208_20220816220102
アイボリーにうっすらグレー、かな?な色。
Boreray、「ボレレー」とか「ボーレライ」と表記されるんですが、スコットランドの北にある離島なので、本当の発音はどうなのか謎なところ。
「羊の博物誌」という本に紹介されていて、長年、気になっていた羊。
英国の羊の本によればブラックフェイスとヘブリディアン、スコティッシュダンフェイスとのかけあわせらしい。

弾力あるけど、柔らかな印象もあり。
初めての羊なので、紡いでみないとわからないな。
北の島羊らしく体は小さい…とのこと。
今回洗ったのも1キロに満たず。洗い上がりはそれなりに減って…まぁ仕方ないか。

その次に洗った羊は、また次回記録します。

| | コメント (2)

2022.07.25

若鮎、がんばってます!

暑中お見舞い申し上げます。

さてさて、先日作家仲間とリアルで会うことがありまして。
その時の姿がこちら!
Kimg1252
童話作家の九十九さん、おっきな若鮎をあんぐり。
ではなく。

若鮎ペンケースをオーダーいただいたので、納品してまいりました~!
実際の作品はこちら。
1

Photo_20220725220001

奥様のお誕生日プレゼントに、とても喜んでいただけたとのこと。
ホッとしました。(ありがとーーー‼)

話変わって、こちらは以前納品した若鮎キーケース。
2206

手になじんだ感じが、ものすごく出ています。

こちらをお使いいただいてるのは、仙川の和菓子屋 餡の輪さん
こちらはお店のリアル若鮎!
Kimg1231-2
もちろん、おいしいのです!

レザーの若鮎小物は8月末まで大阪の あもや南春日さんにて販売中。
在庫状況などはあもやさんにお問い合わせください。

ということで、今年もレザーの若鮎、頑張ってます!

 

| | コメント (2)

2022.05.29

若鮎、大阪出張中~2022

今年も若鮎の季節がやってきました。

22a_20220529170301
準備万端!
いざ!大阪に出発です(若鮎たちだけ)

行きついた先はこちら!

1653640299668
大阪の和菓子屋さん あもや南春日 さん。
昨年に引き続き、今年も和菓子の隣にレザーの若鮎シリーズを置いていただいてます(^^

ラインナップはこんな感じ。
22b

関西方面の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
8月末ごろまでお世話になる予定です。

一部、若鮎はギャラリー世田谷233のボックスにも展開してます、
こちらもぜひ、ご覧ください。
22

| | コメント (0)

«初夏のキーホルダー祭り