« くらくら | トップページ | 息抜き »

2005.03.03

一応ウィスキー

古い言い方だが「舶来品」というものに弱い。
戦後文化を享受した親の影響もあるが、その手のスーパーマーケットに行くと余計なものまで買い込んでしまう。

洋書しかり。
大きな書店に行けばふらふらと、輸入雑誌のコーナーに吸い寄せられてしまう。
そのわりに、語学が苦手、というなんとも情けない状況なのだが・・・

そんな輸入品の多い店で見つけたのが「氷砂糖のアイリッシュウイスキー漬け」。
コーヒーに垂らすと、オトナの風味に変身!

そして残念ながら、ドイツ製。

PICT1100

|

« くらくら | トップページ | 息抜き »

コメント

そうでした。
うちにも瓶詰めの、ガーキンズ(キュウリの酢漬け)がありました!でも、放置したままで、賞味期限切れてました、いつ買ったんでしょう、謎。。。

それと、イギリスの母上の手作りのチャトニー。
食べないと・・・。

投稿: Lillian | 2005.03.03 11:36

Lillianさん、こんにちは。

>それと、イギリスの母上の手作りのチャトニー。

チャトニーってどんなものですか?
チャツネと一緒?
だとすると、やっぱりイギリスらしくインドからの伝来かな。

舶来もののビン詰って、ラベルがシンプルなのが良いですね。
日本のものはケバケバしくて、なんか子供っぽい。

投稿: ダンナ | 2005.03.03 18:30

Lillianさん

そうそう、瓶とか缶詰って日持ちするから安心して、戸棚の奥にしまっちゃうんですよね。

あと、英語ならまだしもフランス語とか読めないお土産品だと「コレ何???」って放置されてしまう(^^;

以前、冷凍食品の説明文を読みたいがために、デンマーク語の単語集を買ったことがあります。

投稿: 新井ひで | 2005.03.04 11:44

ラブリーなご夫婦さま

>チャトニー
あ!マロウチャトニーですよ!(イギリスの大きいキュウリみたいな野菜)

あれを母上が、スパイシーに作ったものを瓶詰めにするんです。
母上の年下のダンナさんは手作りビールに一時凝ってましたけど・・・。
二人で、B&Bとパブを経営してたんですね。
母上は一応、教員委員会にいたのですが、
パブは副業。

テムズ川にボートを持っていて、
それを売り払って、パプ始めたんです。
まぁ、年下君の仕事を与える為だったのでしょうね。

う~ん。
デンマーク語は難しいです・・・。
私は絶対無理ですわー。

投稿: Lillian | 2005.03.04 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/3152057

この記事へのトラックバック一覧です: 一応ウィスキー:

« くらくら | トップページ | 息抜き »