« 平面と立体 | トップページ | 脱・大量生産 »

2005.04.20

矩計図

間取りは大切だが、もっと大切なのは「高さ」である。

住宅であれば天井裏、床下には設備配管が施されている。オフィスだったら電源の配線も必要になるだろう。構造材を隠すための余裕も必要だ。もちろん、それぞれに計算された寸法が必要なわけで、そうすると逆に居住スペースはどれくらいの天井高さがとれるのか?という考えが生じてくる。

これが「設計」の考え方。一番最初にスケッチをして、検討しなければならない。

情報量が多いせいか、ページを開いただけで素通りする人も多いのも事実。自宅新築中の現場を見せてくれた友人も、じっくりは見ていなかったようである。

「この図面、なんて読むでしょう?」と聞いたら首をかしげていた。

まぁ・・・仕方ないのか。

PICT1147

|

« 平面と立体 | トップページ | 脱・大量生産 »

コメント

こんにちは、tecoです。
なるほど、建築も編むことも立体な感じですな。
ちなみに僕は模型にして初めてわかる2次元人です。
間取りも高さも・・・模型で・・・プロなのに素人な僕・・・ではでは。

投稿: teco | 2005.04.23 13:37

テコさん、こんにちは(^^
模型は重要ですよ!模型がなかったら形の確認もプレゼンテーションもできません。
私のようにボキャブラリーが少ないと、頭の中で立体でも説明することはできません。
ややこしい話です(^^;

投稿: 新井ひで | 2005.04.24 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/3778075

この記事へのトラックバック一覧です: 矩計図:

« 平面と立体 | トップページ | 脱・大量生産 »