« ベスト | トップページ | コラボレーション »

2005.12.15

基本の部分

初めて担当した建物は「公衆トイレ」だった。一人での設計担当・・・とはいえ平屋建て。大した苦労もあるまい、と思ったのが間違いの元。

意匠設計屋にありがちな「カッコイイ」ものを作ろうとすると、どうしても細部が華奢になる。すると構造設計が「これじゃダメ」とごつい梁をガンガン描きこんでくれた。

設備設計と打ち合わせをすれば、これまた設備の塊のような建物ゆえに、こちらが忘れている排水勾配までキッチリと赤入れしてくれる。

「高い研修代」と上司には言われたが、建築に必要な領分を認識することができた。

世間で取り沙汰されている構造設計だけではない。設備や法規、風土や施主、あらゆるものが複雑に絡み合うのが「建築」であるということ。そして作るのは「人」であること。その基本的な部分も認識するべきであると思う。

|

« ベスト | トップページ | コラボレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/7631304

この記事へのトラックバック一覧です: 基本の部分:

« ベスト | トップページ | コラボレーション »