« 安心材料 | トップページ | 視点 »

2006.01.13

年賀状

世の中がパソコンやら写真を駆使した年賀状に移行している中、未だに我が家で活躍しているのがコレ。

左から「プリントゴッコ 印刷専用機」「プリントゴッコ 従来品」「プリントゴッコ フルカラー専用機」

これ以外に「初代デジタル製版機」「現行デジタル製版機」も健在。(ランプのいらない製版機。これは便利)

年末もぺったんぺったん。やっぱり・・・根っこがローテクの人間なんでしょうねぇ。

PICT1630

|

« 安心材料 | トップページ | 視点 »

コメント

昔は手書きやら版画やらと、年賀状も「手作りするもの」というものでしたが、最近はパソコン+プリンターで簡単に出来てしまいますよね。おまけに「2006年年賀状 デザイン集」などというものまで売り出されていて、却って味気ないなぁ・・・と思うこのごろです。

そろそろ儀礼だけの年賀状もやめにして、本当に見て欲しい人だけに丁寧につくる年賀状に移行していきたいものです。

投稿: Candy | 2006.01.13 20:30

Candyさん>本当に、写真の割合、増えましたよね。それはそれでよいと思うのですが・・・
個人的に写真が苦手で・・・毎年やっつけで刷っています(^^;

儀礼だけというか・・・年賀状だけやりとりの人が多いので枚数が減らせないという困った状態になっております。さすがに転勤やらであちこちに散らばっているので仕方ないですね。

投稿: 新井ひで | 2006.01.14 18:34

物持ちがえぇですな~。
僕は買い換えるときは必ず高く売れるところで売ってしまうから・・・。
時間が経つと邪魔なものもそうじゃなくなるかも。

投稿: テコ | 2006.01.15 09:37

テコさん>
これ、「買い替え」じゃないんですよ。全部機能が違う上に、それぞれ現役で使っております(^^;

特に「初代デジタル」は簡易プリンターでありながらすでに生産中止なので、手放せません。インクリボンが必要ですが、メタリックカラーがプリントできるのがポイント。
ちなみにフルカラー印刷機、というのは原版を3色分解して重ねていく、カラーコピーのような原理です。

プリントゴッコワールド、意外に深いです(^^

投稿: 新井ひで | 2006.01.15 11:26

それぞれにそれぞれの特徴があるんですね^0^b
使い分けてオリジナル性バッチシ!

投稿: テコ | 2006.01.15 18:49

プリントゴッコいいですよねぇ。
もう全然使ってないんですが(って、何処いったかな??)

私はその昔、黄色のプリントゴッコで3版だったか5版だったか(記憶が曖昧ですが)、とにかく版をたくさん重ねたことがあります。

さすがにぴったり版が重なったのは1枚くらいで殆どがすれてしまったのですが、それはそれで面白かったです。

あれは未年の時でした(笑)。

投稿: 風舎 | 2006.01.16 11:05

風舎さん>
わたしはブルーのゴッコでしたが、やはり版を重ねた記憶があります。

今、位置あわせ機能がついているのをメインで使っていますが、逆にわざとずらし気味にすることもあります。

そうそう。昔の紙のマスターも味があって好きでした(^^

投稿: 新井ひで | 2006.01.17 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/8138005

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 安心材料 | トップページ | 視点 »