« メルマガ | トップページ | 先月のこと »

2006.02.27

土地を読む

新聞の記事によると、今年のベネチア建築展のテーマは「藤森建築と路上観察」に決定したとのこと。

意図して作られたものではない、街に潜む無意識を取り上げるのは、ある意味、日常の日本を解説するのにはもってこいの素材だと思う。

私自身も随分と街歩きはしてきたが、どこを歩いても飽きることはない。都市部であればあるほど、その街に歴史や変化があればあるほど、不思議なものが残されていたりする。

何故ゆえにこんな姿になったのか?生い立ちを想像するのも楽しい。一緒に歩く人によって、視点が変わるのもまた楽しい。

世界に向けていったいどんな展示をしてくれるのか。楽しみである。

(写真は川越で発見した床屋さん。ここまでダイレクトなのも珍しい)

PICT1691

|

« メルマガ | トップページ | 先月のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/8861689

この記事へのトラックバック一覧です: 土地を読む:

« メルマガ | トップページ | 先月のこと »