« シマシマ | トップページ | 晴れ間 »

2006.05.11

手のリズム

冬の個展のディスプレイ用品探しを口実に、最近アンティークショップを覗いている。

高価な美術品を買うわけではないが、特に日本の古い家具や道具、人の手がかかっているモノは見ていて飽きない。

そうして行き着くのは、電気もガスも使わずにモノを作っていた時代、それが本来のヒトのリズムだったという確信。必要なものを、手を使って作るというシンプルな構図が浮かび上がってくる。もちろんひとつモノを作り出すのに多くの工程と手業があるから、モノは大切にされる。

もちろん見本市に並ぶデザイナー家具も嫌いではないが、何より「この先も大切に使いたい」と思わせる、いとおしさのようなものを持っている。

全てを所有したいというほどの物欲はないが、それでも、そういうモノは手にとって「いいなぁ」と思うことが多い。問題は思うものが大抵、桁違いの値段であること。

(写真は口実に集めている、手芸道具。骨董というより雑貨ですかね(^^;)

Pict1746

|

« シマシマ | トップページ | 晴れ間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/10016403

この記事へのトラックバック一覧です: 手のリズム:

« シマシマ | トップページ | 晴れ間 »