« ざっくり編み | トップページ | 非日常の面白さ »

2007.02.04

日本的なるモノ

外国人が日本の何をCOOLと感じるか?

サブカルチャーは当たり前だが、意外なところでは「ウォシュレット」が日本的なんだそうだ。あそこまで多機能な便座は他国にはないらしい。最初はビックリするが、使うほどに快適になっていくそうである。

南極にある世界各国の基地でも、トイレをはじめとする暮らし方にはお国柄が出るとか。共通しているのは「環境への配慮」だが、昭和基地の場合、このウォシュレットを採用しているので、多少のことなら洗い流せて紙を使わず環境負荷も少ないらしい。

南極にウォシュレットとは想像しなかったが、ナルホドと思う。

余談ながら、南極昭和基地までは飛行機を乗り継いでも5日。対して宇宙は十数分で行かれる・・・とは南極フォーラムのパネリストの一人、毛利衛氏の言葉。

宇宙より遠いのか・・・南極・・・

|

« ざっくり編み | トップページ | 非日常の面白さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/13784957

この記事へのトラックバック一覧です: 日本的なるモノ:

« ざっくり編み | トップページ | 非日常の面白さ »