« まだ暑いのですが・・・ | トップページ | 台風通過 »

2007.09.03

何が困るかというと

再三書いている「建築確認申請」。

「関係ない」と思う向きも多いと思うが、今回の改正で現場が困っているのはそこの所。

家を建てた経験のある方ならお分かりと思うが、姿形のないうちから部材や仕様を決めるのは非常に難しい。一生のうち何度もあるわけでなし。かといってカタログやショウルームだけで全体像を把握しろというのは心もとない。

そんな時、今までだったら、ある程度形が出来上がってから「やっぱりこの仕上げは変えたいわ」とか、「これは最後に決めましょう」なんて事が可能だった。後から「変更手続き」を行えば良かったのである。

それが今回の改正では、間取りや仕上げを変えたら「変更」と見なされて「確認申請の再審査」となってしまう。つまり、変更があれば2度3度と審査を受けなければならない。

この審査、無料ではない。その都度「申請料」を払わなくてはならないのだ。

もちろん再審査の分、時間もかかる。当然、工期も延びる。

求められる書類の分量が増えたとか、システムが変わったことも大きいが、施主(エンドユーザー)に情報がほとんど伝わっていないのを嘆く声もよく聞く。だから、設計者が説明しても「そんなの聞いていない。工期が遅れたら契約違反。」とか「申請料の値上がりなんて知らない。払いたくないよ。」なんて文句が出てきてしまう。

まぁ、経済的方面でもようやく影響が数値で現われてきたので、今後は積極的にPRしていただきたいものである。

というか、このシステムで審査逃れがなくなるか?という疑問がなきにしもあらず。

|

« まだ暑いのですが・・・ | トップページ | 台風通過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/16329208

この記事へのトラックバック一覧です: 何が困るかというと:

» 住宅の構造材を選びましょう [住宅購入マニュアル]
木造住宅で住宅を建てるときに構造材まで気にして住宅を建てる人はどのくらいいるのでしょうか。木造住... [続きを読む]

受信: 2007.10.02 01:47

« まだ暑いのですが・・・ | トップページ | 台風通過 »