« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.30

勘弁してくれい!

パソコンを開いたら飛び込んできた「プリントゴッコ販売終了」の文字。

うわーー勘弁してくれ!と本当に叫びたい。ここしばらくの間にポラロイドのフィルムは生産終了になるしminoxフィルムも終了したらしい。ただでさえダメージを受けているのにあんまりだ~。

確かにプリントゴッコ本体はなかなか壊れるもんじゃないから売れないだろうが、消耗品だけはなんとか継続して欲しい。「当面は販売」と書いてあったが・・・この表現・・・怖いなぁ。

昨日今日とプリントゴッコ作業に没頭していた末に飛び込んできたニュース・・・初代デジタル製版機をプリンター代わりに、2代目デジタル製版機とCDプリンターを現役で愛用している自身にとってはキツイ・・・!リソースクリプトの消耗品も、危険だなぁ・・・あー・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.27

カウントダウン

7月に行う企画展「着物コモノ2008 夏」が近づいてきた。

今回は少しばかりの超小物しか作らないが、全体の調整役なのでそれなりに緊張感が高まる。

もちろん、ここで焦っても仕方がない。現場に立ってみないと何が起こるか判らないのは、どんな状況でも同じだ。ただいかんせん、自分は人の先頭に立つ人間ではない。

人を使うよりも、自分が動いたほうが早いというのは致命傷だと思う。集中している時はいいが、そのあと必ず電池切れになってしまう。要は力の配分が悪すぎるのである。自分でわかっちゃいるが、どうにもこの辺学習しないのが困ったところ。

とりあえず、現場で慌てないように会場レイアウトに着手しなければ・・・(^^;

Pict3052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.23

一服

コレクション・・・と、いうほどでもないが酒器をひとつずつ買うことが多い。旅行先ではその土地の工芸品、そして、友人知人の作ったもの。

少しばかり前に羊仲間のもねさんと物々交換で手に入れたのは、彼女が作った柔らかな陶器。

写真で見たときに釉薬の雰囲気がよくて選んだのだが、聞けば一度焼き、全体の釉薬をかけて焼き、更に色釉薬をかけて焼くという、手間のかかった作品であった。

持つと軽いので酒もたっぷり入る。やはり顔の見えるモノを使うのは、気持ちが良い。

Pict3056

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.20

今後の予定

アートフリマの写真をアップ。

今回印象に残ったのは「暑かった」こと。どうやら3階は温度調整ができなかったらしく、本当に汗だくだった。販売ブースの皆さんが寒い寒いといっている中を「涼しくて気持ちいいねぇ」と歩きまわっていた、妙なヒトであった(^^;

今後の予定は

・7月3日~ 着物コモノ2008夏 (コーディネイター役) 於:世田谷233

12月     ヒツジもこもこ 08 於:世田谷233

よろしくお願いいたします。

Pict3145 Pict3147

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.19

とりあえず終了

世田谷アートフリマ終了。

3階の孤島でしたが、それなりの方々にお立ち寄りいただきました。

作品が出せないというジレンマはワークショップの常ですが、それでも多くの方に楽しんでいただけて、羊のことを知っていただけたので結果として、満足がいくものでした。

参加してくれた方々には至らない点もあったと思いますが、ありがとうございました。

そして相方と先輩baruさん、愛の鞭をありがとうございました(^^次は9月、販売ブースでの出展になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.17

世田谷アートフリマ&ひつじがすき

写真をアップしたかったのだが、バッテリー切れでただいま充電中(^^;

世田谷アートフリマ、孤島のような3階にてワークショップを行っております。本日も順調にご参加いただき、お付き合いしていただいた方々には感謝いたします。

小学生のお子さんが多く、少々扱いなれない原毛に戸惑っていた姿も。それでもみなさん、それぞれの羊を手に楽しそうでした。

明日もワークショップ、行います。

そしてbaruさんの染め原毛に加えて羊仲間のメリノさんがご自身の著書「ひつじがすき」を持ってきてくださいました。絵葉書と共に、こちらも販売中です。

この書き込みでいらっしゃる方もいないとは思いますが・・・とりあえずお知らせまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.16

世田谷アートフリマ ワークショップ

準備から戻って参りました。

明日、明後日と三軒茶屋で行われる世田谷アートフリマに参加します。今回は3階にてワークショップを行います。

ワークショップに参加しなくても作りたい、という人向けのキットや、baruさんの染めた原毛も並ぶ予定。

ワークショップは1日3回。一回5名、参加費1000円で2匹の羊を作ります。

まぁ、ここに書いても大して見る人もいないとは思いますが、一応、告知まで(^^;

Pict3125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.15

私家版

写真集を作るサイトで、物は試しと作ってみた。

撮り溜めた羊の写真ばかりを並べてみたのだが、なんだかおかしい。試しに回りの人に見せると「面白い!」と言われる。

いわく、羊を被写体にする時は「可愛く愛らしく」撮影する人が多いという。私の場合、そんなことは全く考えていない。写真はあくまで資料なので、普段見ることのできない部分・・・建築で言えば詳細とか収まりばかりを撮っている。ゆえに、妙な写真ばかりが集まってしまったらしい。

そんな「可愛らしくない」写真集だが、三月の羊さんに置いていただけることになった。1冊1700円也。アートフリマにも少しばかり持っていく予定。

Pict3055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.13

遠足

連休前半、横須賀へ行ってきた。先に一部写真をアップしたが、「軍港巡り」なるものに参加してきた。文字通り海側から米日の軍港を見学する、というクルーズである。

米軍基地は現場の屋上から覗いたことはあったが、何せ入ることができないので海から眺めるのは興味深い。残念ながら空母が外出中で見ることができなかったが、日本のイージス艦や、なんと言っても「しらせ」を見ることができたので満足であった。

面食らったのは回りのオジサマ方が物凄いレンズを備えたカメラを構えていたこと。そして船の上で、相方の携帯に仕事の連絡が入ったことbearing

この「軍港巡り」、今年中には定期ツアーになるらしい。(右は調査船)

Pict3046 Pict3045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.10

世田谷アートフリマ 参加

5月17日、18日の世田谷アートフリマに参加。

キャロットタワー3階にて、手紡ぎ先輩baruさんと共にワークショップを行います。

ワークショップは両日とも 12時~、14時~、16時~ 参加費は材料費込み1000円となっております。

物は写真の羊(^^ よろしくお願いいたします。

Pict3126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.08

休日の過ごし方

相方が前日まで激務だったので、特に予定も立てず。友人が来るのと、友人宅に行って終わった連休であった。

遊びに来てくれた友人とはウィスキーを空け、遊びに行った先では泡盛を空けてきた。

やはり持つべきものは呑み友達?(^^;

Pict3061

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.03

ピンチヒッター

目が悪い。

眼鏡をかけ始めたのは中学時代からなので、その悪さも知れよう。なのに学生時代から今に至るまで、細かいことばかりしているので悪くなる一方である。

そして細かいことをするには、度が強すぎる眼鏡はよろしくない。基本的に手元は眼鏡がなくとも見えるので、少々弱めのほうがいい。

そんな都合のいい眼鏡が入院中なので、ピンチヒッターの眼鏡を使っている。度数は同じなのだが「非球面処理」をしていないので、疲れることおびただしい。

補正度合いが強くなるほどレンズの厚みは増す。ひどく厚くなればフレームに収まらな上、レンズの形状に合わせて端のほうが歪む。それを補正したのが「非球面レンズ」。早い話が補正していないと、階段の上り下りの時に両端が湾曲して見えるのである。

ついでに眼鏡が入院した理由は、スプレー缶を処分しようと穴を開けていたら、中に残っていたクリアラッカーが顔を直撃したため。おかげで目に入らずに済んだが、レンズは見事に斑模様に。運がいいんだか悪いんだか・・・

Pict3059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.01

やっと!

懸案だったフリースを、ようやく花粉症が治まったので、えいやっ!と洗う。

ステープル(房)の形をなるべく残して利用したいので、あっさりと漬け置き洗い。なので比較的楽だった。

今回はコリデールで油もひどくなく、ただ、汚れが取れきれない部分もあったがそれは仕方がない。房も綺麗で工作には適している。

これを使って世田谷アートフリマでワークショップを行う予定。

Pict3053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »