« どうにかこうにか | トップページ | 帰マン »

2008.06.26

非日常の危険・その後

ようやく落ち着いたのでその後の顛末など。

先にも書いたが、動転していたのと相手が自転車だったのでその場で警察を呼ばなかった今回のアクシデント。警察に問いあわせたところ、後から届けを出すには「被害者の診断書、身分証明書を持参の上双方が揃って出頭すること」と言われた。

最初のハードルがこの診断書。本来なら時間がかかる診断書を、事情を説明して1週間で作成してもらった。

その間、保険会社に連絡。今回は相手が自転車なので保険直接は使えず、交渉に入ってもらう特約を使うことになった。それでも書類はたんまりと来る。正直、気がめいっている時にこの書類の山は少々手厳しい。

診断書ができたら先方と雁首揃えて警察へ赴く。夕方は交通事故多発時間帯なので、人が出払ってれば待ちますよ、といわれていた通りしばしの待機。その後一人ずつ、話をして調書の下書きのようなものを作る。やがて戻ってきた担当の警察官に呼ばれ食い違い(微妙な時間等)の確認を行う。

この時に、さすがお役所仕事!と思うのは診断書の住所氏名までも間違った記載があると、訂正なり再提出なりがあるらしい。確認申請並の緊張だ。

その上で改めて調書を作成する。このときに告訴に関する説明、意志を確認して念書にハンコを押す。自身も注意されることは覚悟していたが、思っていたよりあっさりの注意だったので平常心のままでいられた。

これが済むと現場で状況確認を行う。今回はシンプルな状況だったので、これはすぐに済んだ。・・・とまぁ、これだけのことだが先方とも「後から届けるのは非常に面倒である」の意見で一致した。

この後正式に報告書になって記録としての手続きが終了すると、「事故証明」が発行される。事故証明は自分で請求するものだが保険などの手続きには必要で、確実に事故があったことの記録でもある。

やっぱりこれだけ面倒な思いをするんだったら、その場でちゃんと警察を呼ぶべきです。出血していないとか肋骨程度の損傷で動けると、動転している本人は正常な判断ができないもの。やっぱり居合わせて危険だ、と思ったら周りが手を差し伸べて欲しい。

今回学習したことである。

|

« どうにかこうにか | トップページ | 帰マン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/41651485

この記事へのトラックバック一覧です: 非日常の危険・その後:

« どうにかこうにか | トップページ | 帰マン »