« まるで罰ゲーム | トップページ | 予定 »

2008.07.08

過ぎし時間

学生時代にお世話になった先生の訃報を聞いた。

課題でお世話になったのはもちろんだが、女性が建築設計の土俵に上がるための道筋をつけてくれた、戦後のパイオニアの一人でもあった。当時の女性建築士の苦労や戦後の建築界の話など、お会いした折に聞く話はどれも興味深く楽しかった。

伝え聞いた話で印象に残っているのは「事務所を開くよりも、辞めるほうがこんなに大変だとは思っていなかった」と言っていたこと。新しいことを始めると、なぜかその言葉を思い出す。

学生時代が随分と昔の話になってしまったが、心から、お世話になったことを感謝すると共に、哀悼の意を表します。

Pict3158

|

« まるで罰ゲーム | トップページ | 予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/41770719

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎし時間:

« まるで罰ゲーム | トップページ | 予定 »