« イギリスらしい絵 | トップページ | 当たり前でないこと »

2008.10.24

日本的な西洋文化

こちらも大急ぎで汐留のパナソニックで開催中の「村野藤吾」展に行ってきた。

村野藤吾は日本的ながらモダンなデザインが独特で、特に階段のデザインに定評がある。「階段が綺麗に納めれれば一人前」と言われるほど階段を美しく仕上げるのは難しく、随分と村野藤吾のディティールを参考にさせてもらった記憶がある。

実物展示は部分だけだが、それでもやはり階段、特に手摺は美しい。そして驚くのはいわゆる「矩形図」と呼ぶ詳細図。読めば読むほど深みにはまる、物凄い書き込み=情報量。思っていた以上に充実した展示で、大満足であった。

写真は広島にある村野藤吾の設計のトリック教会だが、なんと屋根に留まっているのは鳳凰!窓やファサードも日本的なモチーフで実物を見ると驚く。古いのでコンクリートの剥離が気になるが、タイミングよく搭上まで登ることができ、至福のひと時であった(^^ボランティアの方に感謝!

Pict3358

Pict3412

|

« イギリスらしい絵 | トップページ | 当たり前でないこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/42891527

この記事へのトラックバック一覧です: 日本的な西洋文化:

« イギリスらしい絵 | トップページ | 当たり前でないこと »