« まるで浦島太郎 | トップページ | 知らぬが仏? »

2009.07.02

基本

もちろんメールが主流の最近ではキィボードを打つことが多いが、それでも何かを書き始めるときは手書きが多い。大枠を打ち込んでから細かい部分を手直しするときも、プリントアウトして手で書き込む。

最近は最初からキィボードで打つことが当たり前なんだろうが、意識して文章を書き始めた当時はワープロ専用機もようやく出始めたばかり。学生の分際で文章は手書きにコピーが当たり前だった。

どうもその頃からの習性で、手を動かして書かないとしっくりこない。努力して画面で編集してみた時期もあったが、赤入れしているほうがはかどるのだ。しかも欄外には妙な落書きや電話のメモを書いてしまったり、新しく思いついたメモが広がることもある。アナログ方式も甚だしいが、なんと言うか、機械に振り回されない安心感がある。

効率的ではないかもしれないが、試行錯誤した末の方法なのだから自分にとっては一番効率的なのかもしれない。もっとも、赤入れしている文書は、あまり見せられるものではないのだが・・・。

Pict3800

|

« まるで浦島太郎 | トップページ | 知らぬが仏? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/45514876

この記事へのトラックバック一覧です: 基本:

« まるで浦島太郎 | トップページ | 知らぬが仏? »