« 広報誌 | トップページ | 船橋の見学会 »

2009.08.10

悩むシーン

用あって都心に出かけた。

折りしも季節は夏祭り、花火大会の頃。時間に関わらず若い方の浴衣姿をちらほら見かける。今年は男性の浴衣姿も随分と見かけるが、甚平に比べたら爽やかで見た目にも好ましい。

女性の浴衣は何でもアリ・・・なんだそうであんまりじっくり見ないことにしている。が、チラ、と見てぎょっとした。

いくらレースの半襟や半幅帯に帯揚げがアリでも、それは決してやって欲しくない。否。やってはいけない。そう。前の袷が「逆」だったのだ。しかも堂々としているから、自分では気づいていないのだろう。この場合、本人に言っていいのかどうか、悩むところだ。

そんな話を着物屋さんでしたら、別の方がやはり気になって耳打ちしたところ「アメリカ映画ではこうなっていたんですっ!」と怒られたそうだ。

何でアメリカ映画が基準になるのか?日本では亡くなった時の着付けなんだが・・・。

|

« 広報誌 | トップページ | 船橋の見学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/45886110

この記事へのトラックバック一覧です: 悩むシーン:

« 広報誌 | トップページ | 船橋の見学会 »