« 布プリント | トップページ | 再開 »

2009.09.02

細かさ

友人・S姉さんのお誘いを受けて江戸東京博物館で開催中の「写楽」を見てきた。

目玉は肉筆画だが、それよりも華やかな版画・・・特に江戸後期のものには目を奪われる。店の看板や仕草など細かいところまで描き出されている上に、着物の柄や色までハッキリと見て判るのが凄い。

時には輪郭がハッキリしない油絵と違って、版画は版木を彫って摺るので、同然、曖昧な線が存在しない。もちろんデフォルメはされているにせよ、ごまかしのない線と色で構成された画面の中の情報は、物凄い量である。

何よりその色彩、洒落たセンスに溜息しか出ない、現代人であった。

Pict3983

|

« 布プリント | トップページ | 再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/46096510

この記事へのトラックバック一覧です: 細かさ:

« 布プリント | トップページ | 再開 »