« 出店 | トップページ | 晴海 »

2009.09.11

モダニズムの心地よさ

パナソニックで開催中の「坂倉準三展」に行って来た。

私が学生だった時分は住宅を学ぶ上では必ず出てきた建築家である。同じコルビェジュエ門下の前川國男やインテリアの草分け的存在・剣持勇らとも共通するが、「日本のモダニズム」を模索し確立した先駆者としてやはり尊敬の念を抱かずにはいられない。

本当は同時開催していた神奈川県立近代美術館も足を伸ばしたかったのだが、体力不足で断念した。どうやらそちらのほうが建築的な展示が多かったらしい。

汐留の方は主に住宅とインテリアだったが、図面が少なかったのが残念。模型がメインであった。それでも日本的な要素を取り入れつつも大胆に構成された空間、特に経年した植栽計画などは今でも遜色なく、空間に身をおいてみたいと思う。僅かだが展示された実際の家具も、見ていて飽きない。

久しぶりにモダニズムを堪能して、ホッとした心地よさを感じた。

Pict3990

|

« 出店 | トップページ | 晴海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/46183519

この記事へのトラックバック一覧です: モダニズムの心地よさ:

« 出店 | トップページ | 晴海 »