« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.28

ガイドブック

旅行先で必ず立ち寄るのは観光案内所と本屋。

ガイドブックも小さいものしか持ち歩かないので、情報はなるべく現地調達・・・と思っている。もっともその現地調達でも全く情報がなくて、困ったこともある。概ね観光地でないことが多いのだが、そんなときは地元の情報誌が役に立つ。

そのために向かうのが本屋。大きな都市だと大抵タウン誌か近県をまとめた情報誌があるので、バックナンバーも含めて探しに行く。半分は趣味のようなものだが。

写真の「金澤」はちゃんとした雑誌で、実は我が家の近所の書店にも何冊か置いてある。特集にもよるが、観光案内では出てこないような情報が面白い。もう一つの雑誌は、金沢駅の書店で見つけたもの。写真が綺麗なのと、特集の切込みが面白くて購入。勧進帳で有名な安宅の関が小松だとは知らなかった・・・

Pict4103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.26

英語表記

「サムライ レジデンス」・・・って・・・意味は判るが、なんだか微妙な表現だなぁ。

Pict4074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.21

納品しました

西荻窪の三月の羊さんに、今年もヒツジ物を置かせていただいています。

定番の「羊人形」に「羊チョーカー」。毛糸は白と濃茶がコリデール。亜麻色がロムニーです。まぁ、羊の種類で選ぶ人はいないでしょうが、どれも肌触りが良く、マフラーや帽子に使いやすい毛糸に紡いであります。

それから羊仲間の佐々倉さんの著書、「ひつじがすき」「ひつじにあいたい」。それと日本初の!羊のDVD。ポストカードセットも一緒に並んでおります。羊指数を増やしたい人はぜひ足を向けてみてください。

Pict4003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.20

息抜き

ここのところ「トラ」と格闘していたので、息抜きに羊を描きたくなった。

以前から試したかったことがあるので、「リソースクリプト」というガリ版のような道具を引っ張り出す。まぁ消耗品も売り切れなんで、使うことはお勧めできないが、線が柔らかいのでプリントゴッコとは違う表情が出る。

何を試したかと言うと「紙」。以前試した時に今ひとつだったので今回はリトグラフ向きの紙に、製版も4Hの硬い芯でそれこそ、ガリ版の鉄筆のようにしっかりとした線が出るようにしてみた。

この後更に手を加えたのだが、案外と良い感じに仕上がった。ほとんど実験のような作品。

Pict4040

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.10.19

偵察?

市川のニッケコルトンプラザで開催されていた「工房の風」というクラフトイベントを覗いて来た。毎年気になっていたのだが、例年別のイベントと重なったりでなかなか足を運べなかった。

今年は着物コモノにも参加して貰っている染織作家の森さんが出店しているので、思い切って行ってみた。

実はその前の週は吹きガラス作家の、ささきさんが、亀戸のアートマーケットに出ていたのだが、このときはデジカメを持参せず(^^;あんまりマメに記録を撮る習慣がない輩はこういうときが困るのである。

草木染の糸を織る森さんの作品も自然の空間に溶け込んでいたし、思いもかけずやはりイベントに参加していた木綿を紡ぐさんともお話できたので、少しばかり得した気分で帰ってきた。

Pict4090

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.10.13

予定

今シーズンも西荻窪の「三月の羊」さんに、毛糸と小物を置かせていただきます。

今年の毛糸はコリデールという羊の毛を紡ぎました。繊維も細く、適度なふくらみが出るのでマフラーにも帽子にも最適です。天然カラーで3色。今月下旬に納品の予定。

ただいま納品準備の真っ最中でございます(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.08

作業中

合計10枚。

さすがに一度にこれだけ製版したのは初めて(^^;

Pict4036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.06

唸る

郵便局でも予約の始まっている年賀状。わけあって、先行してそのデザインをしている。

毎年羊だったら楽なのに、来年は寅。そして羊も好物だが猫も好物の私が描くと、どうしても寅が猫になってしまう。どうしてかなー。

参考資料にも問題があるのは否めない。写真以外にもナショナルジオグラフィックなんてのも一応見たのだが、手元にある号はチーターとかライオンの写真ばかり。

かといって、これが他の干支でも悩むんだろうなぁsweat02

Pict4031

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.10.03

いまひとつ

最初に記事を書いたのが今年の2月だから、随分と時間が空いてしまったノース・ロナルド・セイを、ようやく双糸にした。

今回はフリースを紡いだのだが、あまりにもケンプが多く、最終的に軽くドラムカーダーにかけてから紡いだ。確か以前も書いたと思うが、細いのだけどソフトな弾力があったので、少しだけ撚りを強めにしてみた。しかし撚り止めしてみたら思いのほかふくらみと撚り戻りが出ず、なんだか中途半端なイメージの糸になってしまった。

うーん。

もっとガッツリと撚りをかけて、あるいは双糸でなく、単糸で編むほうが個性が出て面白いのかもしれない。

やっぱり初めての羊は難しいなぁ。

Pict4029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.01

ようやく、観る

ここ何年ものマイ・南極ブームの発端となった「面白南極料理人」。それを映画化した「南極料理人」をようやく観にいった。

最初映画化の話を聞いた時は「あんなもの、どうやって映画にするんだろう?」と思っていたが、ちゃんと映画になっていたのにはビックリした。そして予想通り面白い。どんな筋?と問われると説明しづらいのだが、場内に笑いが漏れていたことを考えるとコメディなのか?

惜しむらくは、特典で上映前に流れた「リアル38次隊」の映像が、なぜか再生機器の不調で切れ切れに。この映像、今は映画のサイトにもアップされているのパソコンで観ることができる。いやぁ、あんな環境で越冬した日本隊は凄い!

少し前に届いた国立極地研究所の広報誌と共に、南極を満喫した日であった。

Pict4028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »