« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.11.29

イヤーセット

今年も届いたスイスのイヤーセット。好みもあるのだろうが、個人的にこの国のデザインは洗練されていると思う。同封のクリスマスカードも嬉しい。

学生時代は「まだそんなの集めてるの?」と随分言われたので、近年の外国切手ブームが不思議でもあり、複雑な気分だ。

世の中の流れはどうにも判らん。

Pict4169 Pict4171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.24

冬支度

里親になっているマンクスロフタンに、カバーを着けてきた。

今回は羊の寸法に合わせたカバーを作っているのだが、紐の長さなどは「これでいいのか??」と思っていたら、案の定、後ろ足の紐が少々短かったようだ。

それでも無事に装着完了。春の毛刈りまで頑張ってくれよぉ~と祈るのみである。

ところでカバー付けを行っていたら、牧場に遊びにきたらしい親子が「山羊だ~」と(^^;確かにマンクスは身体も小さいし、ツノもぐるぐる巻きじゃあない。なるほど、山羊に見えるのか・・・お前達。と妙な感心をしてしまった。

毛の伸びもまずまずな感じで、春が楽しみである。

Pict4159 Pict4160

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.11.22

年賀状

年賀状その場でプリントサービス」という年賀状プリント用の絵柄を、5案ほど採用していただきました。

80種以上の絵柄があるそうですが、新井の作は立派な「ムラ」があるのですぐに判ると思います。というのも提出条件が「プリントゴッコで刷ったもの」coldsweats01それをそのままスキャニングし、文字入れをしていただきました。

お話をいただいた理想ベックさんいわく「手作り感が欲しいんです」ということでインクのムラもそのまま。果たしてそれが受け入れられるのかどうかドキドキですが、ご興味のある方は覗いてみてください。

設置場所が限定されるのと、それぞれの設置時期が異なるのでご注意を願います。

1.トレッサ横浜郵便局 11月16日~1月8日(12月30~1月2日は除く

2.中野郵便局 12月1日~12月29日

3.立川郵便局 12月1日~12月29日

Toressa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.18

面倒だが

少し前に試した方法がよかったので、違う絵柄も作ってみた。

やはりリソースクリプトにはリトグラフや版画用の、少しばかり高価な紙が良い感じだ。

1版目をリソースクリプト、2版目をプリントゴッコ(水彩インク)。以前からゴッコの水彩インクは柔らかい線が似合うのではないかと思っていたのだが、結果、良い感じで仕上がった。

まぁ、我ながら面倒なことをやっているなぁ・・・とは思うのだが(^^;

Pict4105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.16

本日より

羊工房masako展」に、こっそりと羊を置いてきた。

masakoさんは手紡ぎの大先輩でアイデアマンなので、話を伺うとこちらもやる気が出てくる。もちろん作品も素敵なので、お時間のある方は覗いてみてください。

Pict4133

Pict4132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.12

寸法

マンクスロフタンにカバーをつける季節になった。

羊にカバーというと、皆一様に「寒いから?」と聞くが、要は毛の痛みを軽減するためにカバーを付ける。・・・のだが春まで保たれていたことがない。マンクスはとにかくツノが立派なので、そのツノでどうやら痛むらしい。

そんなこともあって、今年は羊の寸法に合わせてカバーを作るようお知らせが来た。

寸法表を見て思ったのだが、どうやら我が家が里親になっている羊はむっちり太めサイズ・・・のような気がする。選んだ時は子羊だったから気がつかなかったが・・・そうだったのか。

Pict4107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.09

5003

Pict4121_2

昨年がオーストラリアからだったので、久しぶりに晴海に入港した姿。

Pict4122

新しい「しらせ」。明日の昼、南極に向けて出港するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.07

金沢余談

今回金沢で一番驚いたのが、近江町市場が綺麗になっていたことである。

その近江町市場と一体に整備された「北國銀行」の建物。もちろん銀行としての機能もあるが、階上には「金沢アートグミ」というNPOのギャラリースペースがある。金庫の扉を移設したり、なかなかダイナミックな空間で面白い。ただ元々が遊技場なので、仕切りがなく、壁面が少ないので展示するのが難しいらしい。

なぜこんなことを書くのかというと、この建物、昭和初期に村野藤吾が設計したものなのである。もちろん整備はされているが、ことエントランスの空間は天井が高く、それに合わせた窓からの採光がステンドグラスのように浮き上がる。

嬉しいことに和菓子店の喫茶コーナーになっているので、当時も物凄くモダンであったろう空間を、ゆっくり味わうことができる。やはりいい建物は体感してもよいのである。

Pict4101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.04

お世話になってます

羊ではなく「キモノコモノ連」がメインですが、金沢のアンティーク着物&カフェ「畳世(たたみぜ)」さんに作品を置かせていただくことになりました。

詳細は着物コモノブログにもレポートしておりますので、よろしければそちらも併せて見てやって下さい。

ちなみに本展は再来年を予定。その前に来年の12月は世田谷233での作品展。もっと前には今月の16日からギャラリー小川で「羊工房masako展」がございます。そちらも気に留めていただければ幸いです。

Pict4094

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »