« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.30

ある意味、実験

少し前にプリントゴッコの3色分解ワークショップを行った。そのときに作成したサンプル。

写真のモチーフがわかりにくいのは置いておいて・・・濃い色の紙にはあらかじめ白のインクで下刷りをし、ボール紙、ダンボールはそのまま印刷。やはり紙の色も影響するので、色調が変わる。特にダンボールはイエローが強くなるので、その分シアン・マゼンダを強めに刷るのがよさそうな感じ。

写真を再生するのではなく、こういう素材にに加工する・・・という発想が一番面白くなるんだろうな・・・と。自分も試行錯誤中なので難しいところなんだが・・・

Pict4280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.29

リンク追加と非表示

改めてお知らせです。

リンクリストに「和の方々」を追加しました。キモノコモノ連の作品を委託している金沢の「畳世」さんと、色々とお世話になっているネットショップ「うめももさくら」さん。よろしければ覗いてみてください。

それからリンクリスト「お世話になってます」が今日現在まで表示されておりません。これは管理元側のトラブルであると、昨日ニフティより返答をいただきました。復旧までのピンチヒッターとして以下に一覧しておきます。

世田谷アートフリマ http://artfleama.net/

世田谷233 http://233.jp/

三月の羊 http://rumlamb.tea-nifty.com/

ペレンデール鎌倉 http://www.perendale.jp/

ラ・メール http://www4.ocn.ne.jp/~lamer/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.28

縁起物

今年の正月は全く正月らしくなかったので、せめて・・・と思い、和菓子のお取り寄せなどしてみた。以前から気になっていたのだが、正月だけの限定なので躊躇していた金沢・諸江屋の「福徳せんべい」なるもの。

最中の皮のような米粉のせんべいを割ると、中に金平糖か土人形が入っている縁起物。金平糖も大黒様だったりして可愛らしいのだが、土人形もこの通り。

なんとなく嬉しくなるお菓子である。

Pict4290

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.23

ようやく試し編み

原毛を購入したのは一昨年のスピニングパーティー。試作糸を作ったのは数ヶ月前。そして試し編みしたのが数日前。

北海道・ひつじまるごと研究所・・・こと、ひま研さんのサフォークのホゲット。撚りを強めにして私にしてはカッチリした糸にした。2号でまたカッチリと編むと、模様が程よく浮き上がる。まずまず、思ったイメージになりそうな気配。

実はサフォークは私が紡ぐきっかけにもなった羊なのだが、何しろマザー牧場の2センチあるかないかのフリースだったため当然初心者では紡げず、それ以来トラウマだった。けれど今回試してみて、ざっくりとした弾力も個性的でよさそうな気配。

今年は花粉も少なそうなので、紡げるかなぁ・・・と期待している。

Pict4276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.19

正月早々

珍しく通常仕様で時間のある正月だったので、近場を歩いてみた。

建築物・・・というよりは遺構と言うべきなのだろう。以前から気になっていたが、あまりの唐突さに見つけたときは「あ?」という感じであった。元は畑に埋もれていたのだろうが、公園となった今ではご覧の通り。

何かというと「掩体壕(えんたいごう)」。戦争中に、飛行機を目立たないように格納したシェルターみたいなもの。以前住んでいた柏にも戦時中の遺構があったが、さすがにこれだけ存在感のあるものは初めてお目にかかる。

帰宅後相方に話したら「飛燕じゃない?」

確かに格納されていた飛行機は飛燕(ひえん)と説明書きにあったが・・・「用途的、時期的にそうじゃないかなぁ」って・・・いつの時代の人間だかsweat02

Pict4274

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.17

授業

久しぶりに遅刻・・・とは言え連絡をもらったのが当日で、他の事をやっつけて出かけたので仕方がない。しかし・・・この年になっても途中で教室に入るのは、なんとも緊張する。

ご無沙汰だった先輩とも話ができ、学生時代のように本がたっぷりの空間で建築話ができて満足だが・・・卒業してこうも時間が経つと、人間ひねくれてくるなぁ・・・と実感することもあり(^^;現役の学生さんの真っ直ぐな見方が懐かしい。

建築業界は物凄く厳しい時代だが、なんとか前進してもらいたいと思う。

そして研究室がなくなるのは寂しいが、滑り込みでも学生時代を味わうことができて良かった。しかし・・・さすがに都下は寒い!

Pict3446

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.16

ワークショップ、終了

プリントゴッコのワークショップ終了。

いつものごとく、自分で撮影した写真はないので後日データをいただいたら詳細アップ。本日はみなさんゴッコの経験あり、ということでさくさくと進んだ。

シアン・マゼンダ・イエローの3色でフルカラーが構成される仕組みと、素材の違いを了解してもらえればそれでよし。楽しんでもらえればなお、よし(^^ それを基本に別の形に展開してもらえるといいなぁ・・・というのが希望的本音。

さて、自分は次に何を作ろうか、と考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.12

片付かず

最後の砦、本の整理は結局年を越してしまった。

ネットで情報が得られる時代・・・とは言っても範囲は限られるし資料的なものは必要になるので、なかなかこれが減らないのが悩みの種。

以前「物が多いですね」と言われたことがあるのだが、仕事場兼・・・的な部分があるので仕方がない。もちろん、職種によっては資料など必要ない場合もあるのだろうが、建築にしても羊や染織関係にしても「一度手放すと次にどこで出会えるか判らない」資料が多く、古本屋でわざわざ求めることもある。

基本的にコレクションはしていないが・・・こればっかりはなぁ・・・と思いつつ、ノンビリと選別している日々である。

Pict4178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.06

記録@手描き

基本的に素直なものしか編まないので、編み図はメモに近いものになる。それにゲージのデータと糸のサンプル、編地のサンプルをホチキスで留めて、「記録」としてファイルに放り込んでいたのだが・・・どうにも見づらくなってきた。

意を決して判読不能のメモは処分し、ワークショップのレシピは別のファイルに移す。

基本的に自分が判読できれば手描きだろうと、チラシの裏書だろうと構わない。要は内容が通じればよいので、ご覧のような体裁なのだが・・・。

どうも手描きの図面で育った設計屋世代なんで、丁寧にデータ化して保存しようなんて気がさらさらない。住所管理も名刺ファイルに鉛筆書きのカード。写真も焼いたらネガもデータもそれほど必要とは思わない・・・おっと、この「焼く」って言葉も世代ギャップがあるんだとか。コピーのことを「焼く」って言うのが通じないそうで・・・でも良く考えたら確かに「青焼き」世代の言葉なのかもしれない。「青焼き」「紙焼き(普通のコピー)」って分けてたよなぁ、と思い出す。

話は逸れたがファイルが見やすくなったので編み図を探すのが楽になったような・・・気がする。

Pict4256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.04

正月の困った

年末年始は相方が飛び石で仕事だったのと、自身も委託用のニットを年末年始と編んでいたのでほぼ普段と変わらず過ごした。

しかしひたすら編んでいると飽きる!ので手近なところに散歩に出かけた。残念ながら写真がフィルムカメラなので、無事に写っていたらアップ・・・ということで。元来人が押し寄せるようなエリアではないので、静かにふらふら街歩きを堪能した。

それはよいのだが、困ったのが一服しようにも一服したいところがお休み・・・正月なんで仕方ないのだが・・・それに対してなぜか駅前は普段よりも人出が多く、開店しているカフェスペースはほとんどが満席。

普段の正月はふらふらする暇もないので、気がつかなかったが、どうやら皆さん正月は普段以上にふらふらしているらしい。ようやくの思いでコーヒーを呑んできたが・・・こんなに苦労するとは思わなかった(^^;

写真は元日の日の出。6時前から起きなきゃならなかったのが口惜しくて、撮影。当然、31日は早寝していたのは言うまでもない。

Pict4266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.01

今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。

昨年について思うことは多々ありますが、着物コモノも継続していますし、自身の作品についても未だに悩みながら作っております。区切りなく、今年も同じように・・・否、もう少し肩の力を抜いて前進できればと思っています。

個人的に昨年は病気もせず、事故をもらうこともなかったので満足なのですが・・・こればっかりは自分で注意していてもどうにも避けられないことなので、できたら「病気も怪我もしたくないなぁ・・・」という程度にしておきましょうか(^^;

いつもながら巻き込んでしまった周りの方々、そしてこのブログを覗いてくださっている方々、どうぞよろしくお願いします。

Pict4195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »