« ありがとうございました | トップページ | 完全終了です »

2012.12.27

ぶっちぎり

毎年なんですが、今年は特に今時期の検索ワード「プリントゴッコ」がすんごい勢い。
ダイレクトに「プリントゴッコ」だけじゃなく「デジタル製版機」とか「CD-1」とか。
まじで「何があったんですか?」って勢いに驚いているところ。

だってね、初代のデジタル製版機だった「CD-1」が発売されたのもう18年くらい昔じゃないですかね?後発のブルーのデジタル製版機とはシステムが違うはず。なのになぜ?

CD-1のマスターって、製版する時に布張りしたマスター部分をシールみたいにはがすんですよね。んで、製版したらまた元に戻すの。ビミョーに位置がずれやすくて、今思うと使いづらかったかなー、と。
でもランプがいらないって言うのは画期的でしたね。
しかもスキャナ機能とプリント機能がついていて、このインクリボンを使ってのプリント機能、ボウシェイバーは現役で活用しております。

以前も書いたと思うのですが、インクリボンに「金」「銀」「メタルカラー」というのがあって、この色たちはパソコンのプリンターで出せないんですよね。
しかも印刷の仕事に携わっている人に聞いたら、「金銀は高いうえに作業的にも面倒」との答え。
それが手軽にできちゃうので、とっても重宝しております。黒い紙にゴールドでびしっ!と印刷するとなかなかどうして。古い機械で作ったとは思えない仕上がり。

ま、製版機として使うのは無理でしょうが、(後発の製版機のように、メッシュを張り替えて使うのはできないらしい)、印刷機として使う分にはまだ面白いと思います。

でもなぁ・・・本当にどっちも今更・・・なんだよなぁ。

|

« ありがとうございました | トップページ | 完全終了です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/56405377

この記事へのトラックバック一覧です: ぶっちぎり:

« ありがとうございました | トップページ | 完全終了です »