« 作品と原図 | トップページ | ある日の世田谷233 »

2016.06.26

こんなところにもシルクスクリーン?

着物好きな方は聞いたことがあると思います「秩父銘仙」。
以前から気になっていた資料館を見てきまして、衝撃の事実を発見!

いわゆる銘仙という着物は、化学染料で染めた絣柄の普段着着物・・・なんですが、例えば伊勢崎銘仙は横糸を染めた横絣が多いのですが、秩父銘仙は縦糸を染めた縦絣。この場合、横糸は無地の糸になります。

そして一番ビックリだったのが染め方。
昔は型を彫って、そこに糸を張って補強した型紙を使っていたそうですが、現在は・・・

Rimg4581

これ、どこからどう見てもシルクスクリーン印刷の版(^^;
ちなみにアルミ枠は着物の反物幅で、長さは一つながりの模様・・・なんだとか。

染めるとき織巾を維持するために、こんな風に仮織りをします。

Rimg4583

横にうっすら入ってるのが仮織りの横糸。

これをこのまま染めて、横糸を通しながら仮糸を抜いていくんだそうです。

現在売っているのは復刻銘仙で、織元さんの出張店舗で見せてもらいましたが、どれも素敵な反物でした(^^

布とか糸って、本当に楽しい(個人的感想)

|

« 作品と原図 | トップページ | ある日の世田谷233 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59831/63833227

この記事へのトラックバック一覧です: こんなところにもシルクスクリーン?:

« 作品と原図 | トップページ | ある日の世田谷233 »