« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017.09.27

夏の思い出?

そういえば、7月の着物コモノでお買い上げいただいたコラボアクセサリーの着用写真を撮らせてもらったことを思い出す。

Rimg6026

コヤナギさん作のレモン。
そして反対側は新井の作ったブルーマルガリータ。

Rimg6027

うむむ。やっぱり夏っぽいなぁ(^^

そして、自分がイヤリング派なので、ピアスだとこうなるのね~とちょっと感動(^^

waccaさん、ありがとうございました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.24

目の保養

以前から気になっていた場所。

Rimg6045
祐天寺にあるアクセサリーミュージアムへ。

こちらはコスチュームジュエリーに特化したミュージアム。
ファインジュエリーは大規模な展覧会もあるけれど、ガラスや樹脂を使ったコスチュームジュエリーを見る場所はなかなかなくて、ずっと行きたかった場所。

個人的に大好きなアールデコから始まって、有名メゾンやハスケルのコスチュームジュエリー満載。ガラスのカボションやストーンの収まりが気になって、ガラスケースにへばりつきcoldsweats01
ヴィクトリアンの極小パール、たまんなく良かった~

目に麗しい時間を過ごすことができました。
合間に並んでいるファッションも素敵でした(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.20

世田谷アートフリマで買ったもの

いまさらだけど、こっそり買ったものなど。

Rimg6033

アートフリマ名物「世田谷人パン」と「カメロン」。

Rimg6035

写真下手ですみませんsweat01
ギャラリー仲間、海島工房さんのガラスパーツ。ホントはもっときれいです。

Rimg6034
初日に買った なると屋さんのオオサンショウウオの子供。
先住のオオサンショウウオ@京都水族館謹製と撮ってみたり(^^

Rimg6031

それなりに愉しんだアートフリマでした(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bow Shaverについて

ボウシェイバーは主に羊毛作品を作る作家とレザー小物の作家のユニットです。

個人の作家なので店舗はありません。
2年に一度のギャラリー世田谷233での作品展を中心にイベント、委託を通して作品を発表しています。
また毎年4月と9月に開催される世田谷アートフリマでは作品販売と同時に羊毛を紡ぐ実演をし、「糸ができるまで」を毎年たくさんの方に見ていただいております。

天然カラーの羊毛の多くは一頭分購入した羊毛を洗うところから行ってます。
綺麗に梳き、紡いで糸にして編んだり、あるいは油と汚れを落とした羊毛そのままを使った作品を作っているのです。

こんな風に羊に関わることが多いため、自然発生的に羊モチーフの小物やアクセサリーも作成しています。

そしてもう1つの柱である「着物コモノ」。
こちらは自分も含めた現代人が着物をカジュアルに愉しめる小物がないものか?という問いかけを発端に、作家仲間と日々提案し、作品展を中心にいろいろなイベントを行っております。
キモ連ブログにて、詳しい活動記録をごらんください。

ちなみにボウシェイバーは帯留め&袋物を提案しております。
そちらの作品は別館ブログ「ヒツジ、ときどき着物コモノ」をご覧ください。

作るもの、扱う素材が多岐に渡っているのは、単に「素材好き」だから。
シルクスクリーン(プリントゴッコ)しかり、ヴィンテージのガラスパーツしかり、そしてレジンしかり。作りたい形に合う素材を探していたらたどり着いただけ。

最近はゆげの得意分野レザーと、新井の得意分野の何か、がコラボしてる作品もあり、そんな異素材の組み合わせなども愉しんで見ていただければ幸いです。

2018年10月 改

Rimg5159

活動年表
2000年  Bow Shaver命名
2004年 ヒツジもこもこ'04~紡いだしましま~(世田谷233)
2006年 ヒツジもこもこ'06~ひつじ色の場所~(世田谷233)
2007年  和装小物企画「キモノコモノ連」立上げ
2008年 着物コモノ2008(世田谷233)
      ヒツジもこもこ'08~ヒツジの部屋~(世田谷233)
2009年 着物コモノ2009~二人で使えるコモノたち~(世田谷233)
2010年 ヒツジもこもこ'10~ヒツジからの贈り物~(世田谷233)
2011年 着物コモノ2011~お気楽散歩 キモノコモノ~(世田谷233)
2012年 ヒツジもこもこ'12~羊ですがなにか?~(世田谷233)
2013年 着物コモノ市~夏のどっきりオサレ祭~(世田谷233)
2014年 ヒツジもこもこ'14~ひつじ カウントダウン!~(世田谷233)
2015年  ヒツジパレット2015京都 出品(投票で32位/301作品)
      理想のTシャツコンテスト エントリー(5位入賞→ 
       
着物コモノ市~秋 ころころたわわ~(世田谷233)
2016年  着物コモノ市巡回展(アートギャルリ谷中ふらここ)
       OZONEクラフトマーケット
       世田谷アートフリマ つながり展
       ヒツジもこもこ'16~今日は羊 あしたも羊~(世田谷233)
2017年  OZONEクラフトマーケット
       着物コモノ2017~しゃれる夏~(世田谷233)
2018年 OZONE CRAFT WEEK2018   

他、世田谷アートフリマ(4月&9月)に紡ぎの実演しながら出店してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.14

東京スピニングパーティー、ありがとうございました!

すっかりお礼が遅くなりました。

東京スピニングパーティーにて羊トートを手にとって下さった皆様、ありがとうございました!

完全に委託だったにも関わらず、わざわざ見にいってくださった羊仲間さんもいて、感謝でございます~。

写真を見ると、物凄く目立つところに下がっていて。
「ひま研」の酒井さんと「ひつじがすき」の佐々倉さんには感謝しかございません!
来年は行かれると良いのだけど・・・sweat02

来年はまた違う柄を刷りたいなぁと思ってます。
ふふふ。羊柄を刷るのは楽しいので(^^

完成した折にはこちらのブログで紹介したいと思います。

刷りますよぉ~happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.11

世田谷アートフリマ、ありがとうございました!

世田谷アートフリマvol.28、終了しました。

作品を手にとって下さった方、紡ぎに興味を持ってくださった方、そしてご常連さんとギャラリー仲間の皆様にありがとうございましたhappy01

年内のイベントはひとまず終了ですが、委託やボックスでの作品販売は継続してます。
それと、ワークショップをやりたいなーと思っているので、決まったらお知らせします。

作りたいものもいろいろあるし。
そのためには試さないといけないこともあるし。

芸術・・・否、作業の秋になりそうな予感です(^^

Rimg6008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.09

明日も世田谷アートフリマvol.28

1日目終了しました。

お立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございます。

Rimg5999

新作の羊とか。

Rimg6002

アクセサリーとか。

羊満載で、明日もお待ちしてます。

どうぞお立ち寄りください(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.08

明日は世田谷アートフリマ

いよいよ、明日明後日は世田谷アートフリマです。

まだセミががんばってるんですが、今回は秋小物を持っていきますよ~
ということで、できたてほやほやのミニマフラー。

Rimg5989

縦糸は化繊ですが、日本製のきれいなファンシーヤーン。
そして横糸は北海道のブルーラードセットを紡いで双糸にしてあったものを使いました。ふくらみのある羊なんですが、これが逆に軽くてよい感じ。
冬も使えそうなミニマフラーになりました(^^

そして。新作のイヤリングピアス!
春のアートフリマはクリアなもの中心でしたが、今回はもけもけを作ってしまいました~

Rimg5988

どちらも牧場の羊をイメージして作りましたよ~happy01

牧草の手触りも抜群です!
もちろん真面目に作ってます!

今回、他にももけもけなアクセサリーを作ってしまったのですが、それはまた後ほど紹介します。

世田谷アートフリマ vol.28
2017年9月9日(土)・10日(日) 11:00〜17:00
三軒茶屋キャロットタワー3〜5階

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.07

世田谷アートフリマvol.28 配置決定~

先ほど荷造りを終え、作品の仕上げ作業をしてるところです。

週末の世田谷アートフリマ、配置が発表になりまして。
「毛糸ふわふわBowShaver」は5階の入り口正面の一番奥になりました。

紡ぎの実演、定番の原毛を巻いた羊、そしてスピンドルセットも持って行きますよ~。
そしてアートフリマでは初登場の羊ポーチもaries

Rimg5589

こんな風にカバンに下げたりすることもできるオリジナルプリントの羊柄。

そして!先にご紹介した写真家・佐々倉さんの撮影した羊満載のカレンダーも持って行きまーす!

2018

モデルは北海道「羊まるごと研究所」の羊たち。そもそもカレンダーの企画を言い出したのが牧場主の酒井さんだったそうで。まだ全容を見てないのですが、羊度数高めが期待できそうですよ~(^^

世田谷アートフリマ vol.28
2017年9月9日(土)・10日(日) 11:00〜17:00
三軒茶屋キャロットタワー3〜5階

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.05

東京スピニングパーティー2017に委託します!

今週末、9月9日&10日。
年に一度のファイバーワークのイベント「東京スピニングパーティー2017」が開催されます。

この日程を見ておわかりの通り、世田谷アートフリマvol.28とまるかぶりaries

ですが、作品だけスピニングパーティーに参戦することが決まりました!
委託するのはこちら。

Rimg5979

シルクスクリーンでハンドプリントした、羊のトートバッグ。
両面印刷で、形はこの2種類。
かなり厚手なので、ヘビーユースできます。

委託先は84番ブース。
ひつじまるごと研究所・・・という、羊牧場。

牧場写真を撮影している佐々倉さんのオリジナルグッズと一緒に、こっそり並べていただけることになりました~happy01

佐々倉夫妻は鉄道写真を撮影する傍ら、全国の羊牧場を訪ね撮影してまして。
羊マニアにとってバイブル的な「ひつじがすき」「ひつじにあいたい」という羊だらけの本も書いてます(電子版のみ販売中)

今年はカレンダーを販売するそうで、そちらも注目!
そしてトートバッグを見つけたら、ぜひ裏面も見てやってください。

ちなみにアートフリマではトートバッグでなくポーチを持っていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.04

フェイクパールを染める

アートフリマ準備に入る前に、どうしてもガマンできずにやってみた染め作業。

染めるって布とか紙しか出来ないと思ってたんですよ。
だから樹脂パールを染めることができると聞いて、「ええっ?」とビックリ。

好奇心で突進してしまいました。
手順はかの有名な染料「ダイロン」の公式ブログにあったので、それを熟読。

が、ぶっちゃけ言うと、ワタクシ、化学染料使うの初めてです。
草木染、天然染料は使ったことありますが、ダイロンは初めて。

例によって作業中の写真はないんですが(撮れる人を尊敬します)今回は「ダイロンマルチ」を使用。濃淡とか、染料の入り具合がわからないので、とりあえずサンプルを作るつもりで染めてみました。

Rimg5960

左と右、微妙に染料の分量が違うんですが・・・うーん、あんまり差が感じられないなぁ。

Rimg5967

こちらはゴールドに染めたくて黄色を強めにしたもの。

時間、染料の分量による濃淡が、ちょっとわかってきました。
植物染めよりも、レジンの着色に近い感じ。
そして意外に楽しいhappy01

機会があったら、233でわいわい染めてみるのもいいかな?などと思ったり。

続きはアートフリマが終わってからsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.02

世田谷アートフリマvol.28 出店します

すでにチラリと書いてますが、9月9日&10日の世田谷アートフリマvol.28に参戦します。

今回も5階の実演フロアにて、羊毛紡ぎの実演しながら羊度高めでお送りする予定。
ということで新作のご紹介。

Rimg5951

例によって箱詰め状態の羊~ですが、今回は革と手紡ぎ糸のクールな羊でございますhappy01
本当に、さりげなくインテリアになるハンサムさん。

他にもいろいろ水面下で動いてるので、近くなったらお知らせします(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.01

よせもの 体験

キモ連ブログにもレポしましたが「よせもの」ジュエリーのデザインを体験してきました→ 

現在ではキャストで作ってしまう寄せ石座を、ひとつひとつロウ付けして形作る手法で、とにかく完成形が軽いのです!

個人的に石を使ったジュエリーよりコスチュームジュエリーが好きなので、こんな技術が日本だけに残っていることに感動すら覚えます。ただ、職人さんは減っているそうで・・・この辺、着物の織元さんと同じで、なんとも寂しい。

Rimg5963

こんな風にレイアウトシートに石座を置くだけ・・・なんですが、厳密には石座と石座の間にゆとりが必要だったり、職人の感覚が必要な世界なことは間違いなし。

初めてだったので戸惑うこともありましたが、店長さんのお話と共に、楽しく作業体験することができました。
そして改めてマーキス型って好きだなぁと実感(かなりマニアックですみませんsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »