2017.09.20

Bow Shaverについて

ボウシェイバーの柱は「ひつじ」と「着物コモノ」です。

「ひつじ」は毛を洗い、糸を紡ぎ、あるいそのまま作品を作ってます。
また羊に関わることが多いため、自然発生的に羊モチーフの小物やアクセサリーも作成します。

あくまで個人の作家なので店舗はありません。
委託とイベント、2年に一度の作品展が発表の場になります。

特にイベントでは「紡いで糸を作る」という非日常的な作業を知ってもらうべく、実演しながら参加することを心がけています。
糸を作るということ、紡ぐという意味を知っていただけたらと思いから(^^

そしてもう1つの柱である「着物コモノ」。
こちらは自分も含めた現代人が着物をカジュアルに愉しめる小物を提案しています。
詳しくはキモ連ブログをごらんください。

ボウシェイバーは主に帯留め、袋物を提案。
作品は、随時別館ブログ「ヒツジ、ときどき着物コモノ」に紹介しております。

と、まぁ、作るもの・・・というか素材がそこそこ多岐に渡っているのですが、これは単純に「作りたい形を作ってたらそうなった」だけで、複雑な意図があるわけではありません。
その辺に首をかしげる方もいらっしゃるのですが、自分でも上手く説明できず。
強いて言うなら「素材が好き」。

特にデッドストックや半端な素材が大好物。
ひっそりこっそり、作品に使っているので、そんなところも気にして見ていただければ幸いです(^^

いまさらですが、ボウシェイバーの自己紹介でした。

Rimg5159

| | コメント (0) | トラックバック (0)